行ってきましたNAパーティ2014

0
    10/26に行われた世界水草レイアウトコンテスト2014ネイチャーアクアリウムパーティー
    行ってきました。

    NAパーティ2014

    昨日の記事にも書きましたが、天野氏によるコンテスト必勝セミナーにて、私の作品を取り上げていただけると言う連絡を頂いていたので、緊張と畏れでドギマギしながらその時を待っておりました。

    そして来たその時。
    スクリーンに映し出される私の作品。あ、あぁ…(恥ずかしさとでも少しの嬉しさと怖さとが、ないまぜになって変な汗が…)

    2014世界水草レイアウトコンテスト出品

    実際に出品した作品の著作権はADAに移っていますので、それとは違うショットを掲載します。

    前もって「辛口ですけどそれでもいいですか」と連絡があったので覚悟の上でしたが、講評内容は要約すると【全部見直せ】と言うような感じですね。バタッ(卒倒)

    自然界には存在しないような石の角度、親石を置くバランス、石のチョイスが重大な欠点、ということで。

    自然界に無いような世界をあえて狙って作ったんだからそりゃそうだよ、という言い訳めいた思いも多少はあるのですが、天野氏に講評してもらえることなんて他にはめったにない機会です。
    すべてがありがたく感じました。

    そして表彰式では、晴れ晴れとした受賞者の方々の表情を「生で」見られることにはとても感動しました。
    今年のグランプリの作品は、発表された瞬間、会場の皆が「おぉ〜〜〜」と感嘆の声を上げる素晴らしい水景でした。
    このコンテストには新しい可能性があることを感じさせてくれる圧巻の作品と言えます。

    芸術史やデザイン史をひも解いてみれば分かるように、このように新しい芸術形態が生まれ成長していく大きな流れの中では所謂「定番」である王道の路線を行く様式美ができてきた頃にそれを逸脱していく潮流が必然的に生み出されていくものです。
    その流れをこのコンテストとして容認していくか、コンテスト内に新しい部門を設けるか、また新たなコンテストとして別の動きが持ち上がるのか、はたまた消えていくのか。
    どのようになるのかこれからが楽しみだな、と個人的には思っていたりします。

    表彰式やセミナーの様子はUSTREAMの録画や去年の通りであればYouTubeにて公開されるはずですので、見ていない方はぜひ上位作品の発表の所だけでもご覧ください。
    USTREAMの録画で言えばグランプリは1:27辺りです。必見です。
    あ、セミナーの私の所は飛ばしてください。(と言ってもみるんでしょ?ああ、見ればいいさっ…うっ…)

    そして重大発表という事で、天野氏から今回をもってパーティと言う形式は終了、という発言がありました。
    これにはちょっとびっくり、というか寂しいと言うか。でもコンテストは続くという事で少し安心というか。

    私はまだ2回しか参加していない新参者ですが、主催者であるADAの皆様が一から絶え間ないご尽力で本当に苦労しながらこのコンテスト、およびパーティを準備し、盛り上げてくださっているという、その情熱、お仕事の数々を肌身で感じました。
    心から敬服せずにはいられません。

    このコンテストを続けてこられたことに、感謝をこの場を借りてお伝えしたいです。
    この催しがあったことで、私自身このような面白い世界があることを知ることができました。
    そしてそこに潜り込むことが出来て、この2年間、おかげさまで楽しくて楽しくてしょうがないのです。

    そしてもう一つのこの世界に入り込む大きなきっかけである恩人であるタナカカツキさん、ノートマンさんにこの機会にまたお会いでき、お話ができたこと、心から嬉しくて楽しかったです。
    他にも軽くしかご挨拶できませんでしたが、このネイチャーアクアリウムと言う共通の楽しみのもとに、いろんな方にお会いできて新たな刺激をいただきました。

    で、心配なのは次回ですよね。
    このような<仲間が一同に集う場>と言うのはとてつもなく貴重なので、なんとか別の方法でもいいので開催してほしいな〜なんて思います。

    そこで今朝思いついたんですけど。

    すみだ水族館で「特別企画展」という形で、コンテストの上位作品の写真をパネル展示する、と言うのはいかがでしょうかね?
    これは結構、現実になりそうな可能性を含んでいるでしょ?

    で、その展示のオープニングパーティと言う形で表彰式もかねて皆が集まればいいのではないでしょうか?
    これも結構、できそうでしょ?
    カタログは配らずに販売形式にすればいいでしょ?

    展示や、入賞者を海外からご招待する事、カタログや作品集の制作、パーティの運営という実務は、それ専門のプロの会社にお任せしてですね…実績のある会社、知ってますんでご紹介できますし(なんてね…でも本当です。)

    水族館で展示すれば、このような世界を知らない方(でも興味のありそうな潜在顧客)にも広く啓蒙できつつ、私たち水草水槽の愛好者としてもあの大水槽がじっくり鑑賞できていいでしょ?
    ほんで国際フォーラム借りて完全に自分たちのマンパワーでするより、すみだ水族館側と共催と言う形にしてもらえたらお財布的にも何とかイケそうでしょ?(どうかな?)

    もっと不躾なことを分かりつつ踏み込んで言えば、この水草水槽の世界を多くの人に広めていくと言う目的に於いて、他のメーカーさん達やショップさんを後援などの形をとってより大きくしていくことも視野に入れる必要があるとすら思えます。
    こういう風なことを言うと必ずそういうメジャーな路線を嫌うインディーズ好きの人もいますが、それはそれとして。
    人口を増やし裾野を広げることで、メーカーやショップも潤って商品の種類や価格に多様性が出てくるでしょ?

    なんて…実際に手を動かさない人間が何を言っても机上の空論、夢物語ですが。
    だって本当に面白いんだもん。続いてほしいんですよね。

    話が飛んでしまいましたが、昨日はNAパーティに参加でき、天野氏に講評していただき、師匠、諸先輩方々とお話できて、こんなに嬉しいことはありませんでした。

    ありがとうございましたー!そしてお疲れ様でしたー!

    今の水槽、放置気味なので、また手直しするやる気がわいてきたぞ〜!



    ↓ポチッと頂けると励みになります↓
    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


    コメント
    あ~ホントに楽しそう♪
    聞いてるだけでワクワクですね!
    皆が一同に会する場。って、やっぱりあるとたのしそうですね~♪
    水玉草さんの言うように、他の形で実現されるといいなぁ~
    • kotori
    • 2014/10/27 6:02 PM
    >kotoriさま

    ついつい妄想が爆発してしまいました。
    私のように子育て中でも理由を付けて集まれる場所ってこれくらいしかないので…
    なにかの形で世界中の方達と交流できればいいと思いまーす♪
    • 水玉草
    • 2014/10/28 8:30 AM
    いいですねぇぇぇ〜〜〜
    水族館展示^^

    ほら・・・なんかずっとスロープになっている部分あるじゃん?
    あそこにずら〜〜〜っとパネル展示とかいいよね??

    あとはもう、ブースを作っちゃって、水槽づくり体験コーナーみたいなの用意しちゃうの^^

    絶対アクアが流行ると思うのよね?そういうのやると^^
    • moomin
    • 2014/10/28 10:14 PM
    >moominさま

    出来そうなプランでしょ?
    ぜひともこういう感じですそ野を広げるイベント、増えるといいですよね〜!
    水槽の体験コーナーとか岩組チャレンジとかね!
    やってみるとすごく楽しいってわかるからいいですよね!
    夢が広がる♪
    • 水玉草
    • 2014/10/29 12:28 PM
    コメントする








       

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 涅槃:世界水草レイアウトコンテスト2015結果
      水玉草
    • 涅槃:世界水草レイアウトコンテスト2015結果
      いぼ仙人
    • 涅槃:世界水草レイアウトコンテスト2015結果
      水玉草
    • 涅槃:世界水草レイアウトコンテスト2015結果
      なおなり
    • 行ってきましたNAパーティ2014
      水玉草
    • 行ってきましたNAパーティ2014
      moomin
    • 行ってきましたNAパーティ2014
      水玉草
    • 行ってきましたNAパーティ2014
      kotori
    • ADAからの…
      水玉草
    • ADAからの…
      moomin

    links

    profile

    にほんブログ村

    IAPLC

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM